2024年西洋占星術ー星の運行メモ

大阪森ノ宮駅前・オンライン・西洋占星術鑑定ヌイト・星雲舎、アストロシャーマン・コダマ凛です。

 

2024年の惑星の運行のメモをお届けします。

 

2024年は本格的な冥王星水瓶座への移動

・人生、働き方、生き方の捉え直しが必要になられる方多し。今まで継続的に頑張って働いていた方は限界を感じられている方も多いと思います。

・お金のためでもこんな組織は嫌だとか、もっと気楽に生きてもいいのでは?とか。


2024年は、冥王星が水瓶座へと本格的に移動します。

2009年前後から山羊座を運行していた冥王星が、お試し期間がありながらも(2024年もあります)

2024年11月20日8時48分に水瓶座へ移動します。

 

・1月21日に水瓶座へ移動ー9月2日逆行にて山羊座へ、そして順行に転じ水瓶座に11月20日に移動します。

・魚座に滞在する海王星、牡牛座天王星は、それぞれのサイン(星座)5度以内の移動。2024年、年末には海王星と天王星が60度の配置形成でそれぞれの惑星の働きを活性化しあいます。お金、物質的な価値の変化が人類の心の働きの中に働きかける。ここ数年は冥王星と海王星が良き働きを形成していたことで、権力、権威との働きの見直し、従順さ、献身の意味の変化を個人が属する組織の中で課題があられたと思います。その流れの拍車と捉えられてください。

 

 

土星ー

土星は魚座の中で逆行もありながらも、魚座3度あたりから魚座14度あたりを移動していきます。

 

双子座、乙女座、射手座に何らかの惑星があられる方は価値観の見直し、捉え直しが今後の人生設計に必要になられると思います。イメージが強い射手座の方はこれでいいのか?という葛藤が多く感じられるかもしれませんね。個人での人生は違うので、またよければセッションをご依頼ください。

 

 木星ー

木星は一年で一つのサインを移動すると言われる惑星。2024年は、牡牛座から双子座へ移動します。

木星は、土星と良き関係を持ちたかったようで、牡牛座を移動しながらも一気に初期度数に逆行し、土星と手を取り合うような配置を年末年始で形成しています。

これが一気に双子座に移動し、夏から秋には逆行を双子座の中で行い、魚座土星と双子座でジレンマな関係を形成。そこに金星、火星も参加し、早急な判断と身勝手な活動、従順さと固着化を生み出し何らかの問題が起こる可能性があります。

 

気をつけたいものです。

 

何やら忙しいし、焦りは禁物です。

 

死と再生の冥王星が大変革を水瓶座意識に働きかけを行おうとする中で双子座、射手座の大きな変革を遠くから行っているようにも見えます。

 

年末からのお客様との話から、頑張りすぎて課題を増やす。自己への期待、自己努力よりも価値観の見直し、そこから見えてくる生き方の変化、対処の仕方の別行動、模索というようなニュアンスが多く見受けられました。

 

今後、冥王星、海王星(2025年4月)、天王星(2025年7月)が移動していきます

今まで土と水のサインが強めで働いており、それぞれの方のホロスコープの中で現実的、身近な、生活、お金、人との繋がり、家族、組織の変化がおこなわれた約15年でした。

今後は火のサイン、風のサインが基調となっていきます。

 

火ー牡羊座、獅子座、射手座

風ー双子座、天秤座、水瓶座

土ー牡牛座、乙女座、山羊座

水ー蟹座、蠍座、魚座

 

今、変化が起こっている方は、新しい時代には新しいあなたでいいということで切り替えてみてくださいね。

 

元旦の星の配置の記事にもお伝えしたのですが、土や水のサインが強いです。この日に能登半島地震が起こったことはなかなかショックなのです。水のサインが強い時は水害、台風などの被害が起こることが多いようですね。

土の要素であるお金、物質的な働きは義援金、寄付など安心、安全を求める心がどこに向かうのか

水で心の表現、共感を働かせる、経験が必要なのだと思います。できることを行い、日々を大事にすることで新時代に相応しい、必要な価値観、理念、思考を得ることができることでしょう。

 

被災されている方のできるだけ早い穏やかに日々が戻られますように。