魂のこよみ

ルドルフ・シュタイナーに「魂のこよみ」という名の本があります。

この地球上で生活する私達が、地球と、そして宇宙と日々つながれるようにこの暦が書かれています(「魂の暦」とともに、マンフレッドクリューガー)

魂の暦は、地球だけでなく太陽ともにつながるために、復活祭から始まる一年と通しての瞑想の道です。

一週間に一度巡る瞑想の時間としても更新をしてまいります。

この地球上にいきるものが、地球、そして太陽、そして宇宙とつながる瞑想の言葉です。

その太陽の道を歩きながら、自分自身をみつけ、そして魂とともにあることを知るのです。

アトリエ星雲舎

あなたと世界が一つになる時、喜びの光が降り立ちます。 次元、時空を超えて存在する永遠の自己と一つになる。 心と身体、日々が輝き、磨き続ける魂のための学びの場・星雲舎 心・精神の構造を学び、自分を育て、宇宙に開いていく心身の輝き。 宇宙、コスモスの統合・宇宙存在へ。

0コメント

  • 1000 / 1000